" />
  • プロフィール

コタツ

現役看護師(男子)です。人生を働くだけで終わらせたくない!40代〜50代でFIREを目指すために株の投資とブログ始めました。ブログで成功したらすぐ看護師辞めます。

勉強

ストレスのせい?虚血性大腸炎の原因と治療について

消化器内科病棟では高齢者が虚血性大腸炎で入院される方がとても多いので原因と治療について調べてみます。

虚血性大腸炎の原因

虚血性大腸炎とは血流になんらかの障害が生じた結果、大腸に分布する血管性病変を原因として発症します。例えば高血圧や糖尿病、高脂血症などがあると動脈硬化が原因で虚血性大腸炎になります。また便秘もリスク因子となります。

正常な大腸では、幅広い大腸粘膜に対して充分な血液が供給されていますが、虚血性大腸炎では大腸粘膜に対して血流障害が生じます。

虚血性大腸炎の症状

  • 腹痛
  • 嘔気嘔吐
  • 下血
  • 冷や汗

(虚血が原因で大腸の粘膜が損傷を受け、粘膜が腸管壁からはがれ落ちることがあり、そのため下痢や鮮血便、鮮血が混じった下痢といった出血を伴う症状が現れることもあります。)

検査

下部内視鏡検査で粘膜面の発赤、浮腫、出血、さらには多発性のびらん、潰瘍などの大腸粘膜の障害がないかを確認します。また下部消化管の造影検査を行うことで拇指圧痕像が見られることがあるそうです。

検査では壊死の進行を評価するため血液中のLDHやCKなどのマーカーの上昇を確認します。

治療

虚血性大腸炎は多くの場合、腸の安静を図る保存的療法です。約1〜2週間で腸管粘膜は修復され、経過をみながら食事を開始し、症状再燃がないことを確認します。
大腸壁のさらに奥深くの筋層まで虚血症状が進行した場合には、腸管壁が狭窄することもあります。この場合、腸管内容物の通過障害を併発することもあり、イレウス症状が現れることもあります。そのため、狭窄部位の通過をスムーズにさせるために、病変部位の腸管切除など外科的治療が必要な場合もあります。

以上虚血性大腸炎のまとめでした。

ストレスで便秘になり虚血性大腸炎になる方も多いみたいで

とにかく動脈硬化と便秘には気を付けましょう。


人気ブログランキング">

-勉強

© 2021 Powered by AFFINGER5