" />
  • プロフィール

コタツ

現役看護師(男子)です。人生を働くだけで終わらせたくない!40代〜50代でFIREを目指すために株の投資とブログ始めました。ブログで成功したらすぐ看護師辞めます。

勉強

脳梗塞とは?脳梗塞の症状と看護についてまとめ

脳梗塞とは

血管が詰まったり、脳腫瘍や外傷性などで脳に必要な血流が途絶えることです。さまざまな症状や後遺症が残ることもあります。

早急に処置しなければ命の危険性もあります。

脳梗塞の種類

脳血管の病変には閉塞性と出血性があり、急性症状を示す脳血管障害を脳卒中といいます。

脳卒中とは複数の疾患の総称であり、閉塞性病変である脳梗塞も含んでいます。
脳梗塞の中にも種類があります。
  • 一過性脳虚血発作(TIA)

小さな血管が詰まることで一過性に脳梗塞に似た症状が現れることがあります。大体15分以内、長くて24時間以内に消失します。

  • ラクナ梗塞

大脳にできた小梗塞をラクナ梗塞といいます。加齢により血管が詰まりやすくなる高齢者に多いです。しびれ、手が不器用、構音障害、嚥下障害などの症状が現れます。

  • アテローム血栓性脳梗塞

粥状動脈硬化における粥状(アテローム)による閉塞のことをアテローム血栓性脳梗塞といいます。血管のコブみたいなものを粥腫(プラーク)といいます。それらが血管を閉塞したり、はがれて抹消の血管を閉塞したりします。安静時や睡眠時に発症しやすいです。

  • 心原性脳血栓症

左心房などで形成された血栓や塞栓子が脳動脈を閉塞することを心原性脳梗塞といいます。心房細胞が原因のことが多いです。

脳梗塞の症状

脳機能を理解し症状から梗塞部位を予測してみていきましょう!

引用元)https://www.kango-roo.com/word/6808

  • しびれ
  • 構音障害
  • めまい
  • 意識消失
  • 頭痛
  • 嘔気
  • 嚥下障害
  • 物が見えずらい、二重にみえる

などさまざまな症状があります。

脳梗塞の観察ポイント

1.レベル変動

脳梗塞からレベルが低下すれば早急に閉塞部を処置する必要があります。JCSやGCSなどでレベルの変化を観察していきましょう。

2.瞳孔の大きさ、瞳孔反射の有無

脳に異常が有れば瞳孔が左右で大きさが異なったり形が変になることがあります。

正常の瞳孔径は2.5mm~4.0mmとなります。

3.呼吸の有無

酸素飽和度、呼吸の回数、呼吸状態、チアノーゼの有無を観察しましょう。

4.四肢の運動麻痺の有無

麻痺の程度や部位を確認するために四肢の運動を行えるかみていきましょう。

脳梗塞の看護まとめ

脳梗塞患は発症時刻から4〜5時間以内であれば血栓溶解療法の適応となります。

以下に看護師が脳梗塞の症状に早期に気がつくかによって患者の予後に大きな影響を与えます。

できる限り早く処置を行えば後遺症もなく治すことができます。日々変化を注意し観察しましょう。

-勉強
-, , ,

© 2021 Powered by AFFINGER5