" />
  • プロフィール

コタツ

現役看護師(男子)です。人生を働くだけで終わらせたくない!40代〜50代でFIREを目指すために株の投資とブログ始めました。ブログで成功したらすぐ看護師辞めます。

勉強 悩み

超絶オススメ!これさえあれば絶対合格!看護の国試勉強・参考書

超絶オススメ!これさえあれば絶対合格!看護の国試勉強・参考書

圧倒的に国試勉強に必須な本は

さわの赤本さわの黒本

 

 

この二冊があれば必ず受かります

 

まずさわの赤本は必修問題だけの過去問をまとめた本です。赤本の中身はカラーになっており見やすく、必修問題に不安な人はこの本を毎日数問ずつでも解いていれば、簡単に必修問題8割は超えれます。

実際に看護の国家試験では必修問題は8割のボーダーを越えなければ、いくらほかの領域の問題の点数が良くても不合格になります。

そのため、絶対に落としてはいけないのが必修問題なのです。

必修問題はやれば自然と点数が上がってくるので、まず必修問題を勉強することをお勧めします。三年生になれば定期的に国試対策で過去問を受験の時間やルールに合わせて受けたりします。やはりその時の結果は今後の勉強のモチベーションにもなるので勉強すればすぐに結果に現れる必修問題をまず重点的に勉強することをお勧めします。

次にさわの黒本について!

さわの黒本は領域別に分かれており、過去問を分野ごとに分けて勉強することができます。

たとえば、今日は循環器の勉強をしよう!と思ったときに各領域別に分かれた本がばらばらになっているので、循環器の本だけを持ち運べて勉強ができるのです。なかなか家で勉強ができない人はカフェや図書館に行く人も多いと思いますが、その時にいろんな本を持っていくとかなり重たくなり、しんどい思いをして持って行ったが、結局ほとんどの本を使わなかったなんてことはよくあります。

意外とこの小さなストレスはたまっていきます。しかしこのさわの黒本であれば簡単に持ち運べるので

必要以上に重たい本を持ち運ばなくても大丈夫なのです。

ではなぜ医学書院の過去問ではいけないのだろうか。

年度ごとの過去問になっているため、領域別には分けられていない。切り取り線があるので自分のすきなようにまとめることできるが、かばんやほかの荷物と一緒に入れると破けやすい。

さわの黒本は各領域が本ごとに分かれているので、その点は安心である。医学書院には予想問題も入っていますが、正直過去問だけで絶対に受かります。

あとさわの黒本のお勧めするところは、ほかとは比べようのないほど多い過去問数である。

今年発売された2020年度の黒本には過去16年分の過去問が掲載されてます。そりゃこんだけ問題とけば受かりますよね。

それがまとめられているのですから、この赤本と黒本を国試勉強にぜひ使ってみてください。この二冊があれば必ず受かります。

今回はこのへんで、、、

また今度ほかの国試勉強や実習について書いていこうと思います。

 

しんどさが伝わらない!?現役看護師が教える看護学生あるあるネタ20選まとめ

-勉強, 悩み

© 2021 Powered by AFFINGER5