" />
  • プロフィール

コタツ

現役看護師(男子)です。人生を働くだけで終わらせたくない!40代〜50代でFIREを目指すために株の投資とブログ始めました。ブログで成功したらすぐ看護師辞めます。

勉強

敗血症性ショックとは何か?分かりやすくまとめました。

敗血症性ショックとは?

敗血症性ショックとは感染症によるショック状態のことです。

敗血症性ショックは血圧低下からいろんな臓器障害をきたします。

敗血症性ショックを早急に処置を行わなければ命にかかわる危険な状態であり、敗血症性ショックは感染症の中でも重篤な状態です。

敗血症性ショックでは、炎症性サイトカインと呼ばれる物質が大量に体内で生産されるようになり、血圧低下や血管損傷、尿量低下など様々な症状が現れます。

敗血症性ショックに対する検査

敗血症性ショックに対しては感染源を特定することが大切です。

血液検査や喀痰検査、尿検査やレントゲンなどを行い治療につなげます!

敗血症性ショックに対する治療

敗血症性ショックでは感染源に対して、まず抗生物質などの薬剤が投与されます。

敗血症性ショックの際は臓器不全の影響により呼吸不全や血圧低下、尿量減少などの症状もあり、血圧確保のため輸液全開やステロイドの投与、昇圧剤の使用、人工呼吸管理などの集中治療が必要となることもあります。

敗血症性ショックまとめ

敗血症性ショックの際はまずは感染をコントロールすることと、全身状態の観察が必要です。

レベル、呼吸、血圧などの観察を行い、臓器不全となっていないかをみていきます。

経時的にモニタリングをしてわずかな異変にもすぐに対応できるようにしましょう!

-勉強
-,

© 2021 Powered by AFFINGER5