" />
  • プロフィール

コタツ

現役看護師(男子)です。人生を働くだけで終わらせたくない!40代〜50代でFIREを目指すために株の投資とブログ始めました。ブログで成功したらすぐ看護師辞めます。

勉強

難しくてわかりにくい!人工呼吸器のモードの違い、設定のまとめ解説

難しくてわかりにくい!人工呼吸器のモードの違い、設定のまとめ解説

人工呼吸器を使用する目的

  1. 換気量の維持
  2. 酸素化の改善
  3. 呼吸仕事量軽減

A/C(補助調節換気)

A(アシスト)とは補助呼吸のことであり、吸気努力をトリガーしあらかじめ設定した一回換気量または吸気圧で送気します。

C(コントロール)とは調節呼吸のことであり、患者さんの吸気努力がなくても、あらかじめ設定した一回換気量または吸気圧で送気します。

☆トリガー(患者の自発呼吸が起こったときに、自発呼吸の吸気を感知して人工呼吸器が吸気を行う機能)

▼A/CにはVCV(量規定補助換気)とPCV(圧規定補助換気)があります。

VCV(量規定補助換気)

VCVに必要な設定項目

①一回換気量(mL)

②呼吸回数(回/分)

③PEEP(cmH2O)

④酸素濃度(%)

⑤吸気時間/IE比

⑥休止時間(%/秒)

⑦吸気立ち上がり時間(%/秒)

⑧トリガー感度(フロー/圧)

あらかじめ設定された一回換気量と吸気流速で送気するモードです。そのため一回換気量は一定量送られるため、肺メカニクス(気道抵抗とコンプライアンス)や患者さんの吸気努力により気道内圧が変化します。

PCV(圧規定補助換気)

PCVに必要な設定項目

①PC(補助圧レベル)above PEEP

②呼吸回数(回/分)

③PEEP(cm H2O)

④酸素濃度(%)

⑤吸気時間/IE比

⑥吸気立ち上がり時間(%/秒)

⑦トリガー感度(フロー/圧)

あらかじめ設定されたPC(補助圧レベル)above PEEPで送気するモードです。

そのため一定の圧が送られるため、肺メカニクス(気道抵抗とコンプライアンス)や患者さんの吸気努力により一回換気量が変化します。

SIMV(間期式間欠的強制換気)

SIMV(VCV)にPSVを加入した場合に必要な設定項目

①一回換気量(mL)

②SIMV回数(回/分)

③PEEP(cmH2O)

④酸素濃度(%)

⑤吸気時間/IE比

⑥休止時間(%/秒)

⑦吸気立ち上がり時間(%/秒)

⑧トリガー感度(フロー/圧)

 

⑨PSabove PEEP

⑩PEEP(cmH2O)

11 吸気サイクルOFF(%)

人工呼吸器が間欠的にあらかじめ設定した一回換気量で送気するモードで、設定されたSIMV呼吸回数の間に患者さんは自発呼吸を行うことができます。

☆適応は人工呼吸器からの離脱をめざしている自発呼吸が弱い患者さんでありましたが現在ではあまりその目的では使用されなくなりました。

☆患者さんの呼吸仕事量を増加させないために、患者さんの自発呼吸を含めた呼吸回数に対して人工呼吸器のSIMV呼吸回数の設定が80%以下にならないように注意します。

CPAP(持続気道陽圧)

CPAPは自発呼吸のモードです。そのためA/Cのように呼吸回数を設定する必要はありませんが、呼吸サイクルを通じて気道にかかる陽圧を設定する必要があります。

PSV(圧支持換気)

PSVに必要な設定項目

①PS above PEEP

②PEEP

③酸素濃度(%)

④吸気立ち上がり時間(秒)

⑤トリガー感度(フロー/圧)
⑥吸気サイクルOFF(%)⑦バックアップ換気(PC above PEEP、呼吸回数(回/分)、換気時間/IE比)

PSVはCPAPと同様に自発呼吸のモードです。PSVでは患者さんの吸気努力をあらかじめ設定したPSabove PEEPで補助します。そのため呼吸回数や吸気時間、吸気流量、一回換気量は患者さんの呼吸で決定されます。そのためPSVは患者さんの自発呼吸がなければ送気することができません。よって自発呼吸が消失した場合を考慮しバックアップ換気の設定が必要となります。

以上が呼吸器モードの違いと設定になります。


人気ブログランキング

-勉強
-, ,

© 2021 Powered by AFFINGER5